カメラマンは撮る時に何を考えているか

2020年9月23日

 

どんなことでもそうだと思いますが、何かをするときは、自分が何をしようとしているのか、その結果欲しいものは何なのかを考えると思います。

当然カメラマンも考えています。

今日は、カメラマンが仕事をするときに考えていることをお話ししようと思います。

 

写真を撮る仕事をしている人は消費される前提で撮っている

「消費」という言葉を写真に使われているのを見たことがある人は少ないかもしれません。

でも、商業的に撮られる写真や、メディアに掲載される写真は消費されるために撮られています。

 

みなさんが普段思うことを考えてみて下さい。

「これなんだろう?」と思ってしまう写真が掲載されている記事を開いていませんか?

もしくは好きな芸能人の顔が出てる記事、ふと開きませんか?

スーパーの店内で美味しそうな調理例の写真が出ている料理、作ってみたくなりませんか?

家族が楽しそうに乗り込もうとしている映像がCMで流れるミニバン、見積もりとったことありませんか?

 

どれもこれも、そう見せたいと思いながら撮られている訳ですが、

その前提として「ここに乗せる写真はどうしたら見られるか?」と考えた結果、「こう見せよう!」ということになって撮影に入ります。

その「見られる」ということが「消費される」ということです。

 

「見られる」ために撮影技術と機材と名バイプレイヤーを総動員する

掲載する先が決まっているとして、そこで消費されるためにその商品の「売り」のポイントがわかり、

「見せ方」が決まったらそれを引き立てる絵柄を考えます。

 

その絵柄を作る上で必要な物はまず「光」です。商品にどんな光を与え、その時商品がどんな色になるのか。

その時カメラに付けるレンズはどのくらいで、その時の露出はどのくらいか。

その時周りにはどんなものがあって、その商品が使われる瞬間を描いているかを考えます。

 

私の場合、撮るものにもよりますが、初回の打ち合わせの時点でここまでイメージができていることがほとんどです。

というか、ここまでイメージできていれば、撮影後に必要な画像加工の内容も見積もりしています。

それに従って撮影プランとお見積もりをご提案し、必要な物の準備に入ります。

 

使っているカメラにつけるレンズもおおまかにその初回の打ち合わせで決まりますし、

脇役に小物が必要だったり、無地の背景ではなくて使用環境がイメージできる方がいいならそれにふさわしい撮影場所を探します。

撮影の脇役は小物だけではありません。商品をどのように置くか、そのための支持台をいちから作ることもあります。

それができるのも商品の見せ方と商品に当たる光がイメージできるからです。

 

意図が決まってない状態で撮る写真はすべて「趣味」

これが、クライアントから依頼を受け撮影する写真の場合は「商業写真」や「写真館の写真」であり、

クライアントがなく自分のイメージや企画(=クライアントは自分自身)からスタートする場合、その写真は「作品」と呼びます。

それらがない写真はすべて「趣味」、個人が楽しみの範疇で撮った写真です。

 

さて、ここでクイズです。

この記事のトップにある写真は私、コルプの吉田が撮った写真ですが、何を見せようとして撮ったでしょうか?

 

 

・・・。

 

 

わかりましたか?正解は左のクルマです。

反対側の歩道まで行ってないので正確には分からないのですが、

これは90年代販売されていた当時のメルセデス・ベンツEクラスの高性能版、500E(or E500)だったからです。

 

そのクルマが止まっている様を撮りたかったのですが、この時つけていたのは35mmの単焦点一本のみ、

撮るイメージをクルマが止まっている街の様子に切り替え、秋の低くなった日差しの中に歩行者が浮かび上がるのを待つと、

ほどなく日傘をさした女性が高いヒールのブーツで颯爽とフレームインしてくださいました。

 

そういう、私の「趣味」が盛りだくさんの写真だったというわけです。笑

株式会社コルプ先生のプロフィール写真
Facebook
この記事を書いたおせっかい先生
株式会社コルプ

はじめまして! 東京で写真撮影・映像制作を始め、撮影機材の販売、メディアの運営を行っております、株式会社コルプです。

写真・映像は主に企業や団体、個人事業主様のPRを目的にしたコンテンツを制作しており、YouTubeチャンネル運営支援もしております。 弊社でサポートしているチャンネルには1動画のチャンネル登録者数2名を維持し、オンラインでのプレゼンスを向上されている方もいらっしゃいます。 また、商品の使用方法を動画化しYouTubeなどオンラインで商品の操作方法の解説と同時に特徴をアピールするものなど、製造業や小売業の方向けの動画を企画から台本作成、ナレーター等専門家の手配、撮影・編集まで一貫して仕上げることでコンセプトを表すコンテンツの制作を手掛けております。

主な写真撮影分野

 ・社内風景、企業イベント、ライブやコンサートなどのステージイベントの記録やスナップ  ・経営者やコンサルタントなどのエグゼクティブ向けポートレート  ・工業製品などの商品撮影

主な映像撮影分野

 ・オンラインセミナーなどの映像コンテンツ化  ・製品PRや使用方法の解説動画   →ナレーションなど録音が別に必要な動画への対応も可能です 最近では自社スタッフでコンテンツを作成される方も増えていることから、それらのノウハウを個別相談やワークショップ・セミナーとしてお届けすることもしております。 特にECサイト用のカタログ写真撮影については地方自治体、公共団体主催のセミナーで講師をしております。 それらの内容の一部はYouTubeにてビジネス写真セミナーとして動画コンテンツを無料配信中です。

過去撮影実績

紙幣計数機 JETCHECKER その他にも撮影に便利な機材の販売、映像を効果的に見せるためのリアプロジェクション専用のスクリーンなどの販売もしております。 また製造業と製品開発・生産の知見に強みを持つことから、ビジネス系メディアの運営を自社で行っております。 写真、映像についてお困りの方、コンテンツ制作について知りたい方、遠慮なくお問い合わせください!

株式会社コルプのメディア

Youtubeチャンネル

コルプYoutubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCKGhch7MdtYJXa-s86Aw5XA

Takahiro Yoshida Photography

https://www.youtube.com/channel/UC9_xekw1eIDOdZE10-0vF2g

QA+

品質からビジネスと経営を考えるメディア

http://qa-plus.net/

QA Plus Engineering Overviews

https://www.youtube.com/channel/UCPSfJAy4-O1shn6zzEEL4Mw

このページの先頭へ戻る