あなたの印象、語尾で決まってるかも!

2020年10月22日

こんにちは。

アナウンサーによる動画制作支援サービスの寺園春菜です。

今日は、読書をしながら気づいた「語尾」のお話をします。

このコラムでは、簡単動画制作のお話をしていくのですが、「話し方」や「声」は動画の撮影や編集テクニックよりも、動画の印象を決定づけます。

と言うことで、今回は、話し言葉の「語尾」についてお伝えします。

 

「語尾」で印象が変わる

普段話をしているときに、語尾まで意識は・・・なかなかしないですよね?

 

でも

語尾が強い・弱い。

語尾が上がる・下がる。

語尾を長い・軽い。

 

こうした違いは、第一印象の決め手にもなります。

このことに、東野圭吾さんの「危険なビーナス」を読んでいるときに、改めて気付きました。

 

「語尾を下げる」が最初のトレーニング

アナウンス学校に通っているとき、そして局に入ってからの研修でも、語尾を指摘される機会がよくありました。

動画で見て頂くとわかりやすいかと思うのですが、語尾を上げる・下げるで同じことを話していても全然違って聞こえるもの。

ニュース読みの時は、「下げる」練習をよくしました。

やってみると、結構下がらないものなんです。

 

小説に登場する女性の語尾から、キャラクターが伝わった

東野圭吾さんの「危険なビーナス」のヒロインは、語尾を伸ばす話し方をします。

 

おはようございまーす。

ドキドキするう。

ありますう。

なんですう。

 

この話し方をする女性って・・・

どんなキャラクターなのかなんか想像つきませんか?

 

私は、この人、【語尾で媚を売っている!!!】と感じました。

 

これで語尾の大切さ、伝わりましたでしょうか?

 

語尾で与えたい印象をコントロールしよう!

逆に考えると、語尾に気を付けると、印象を変えることができます。

自分が与えたい印象に合わせて、語尾の研究をしてみてはいかがでしょう?

 

その方法は・・・

動画もご覧ください♪

 

ドウガビッフェ 寺園春菜先生のプロフィール写真
この記事を書いたおせっかい先生
ドウガビッフェ 寺園春菜
アナウンサーによる動画制作支援サービス「ドウガビッフェ」寺園春菜です。 NHK旭川放送局、南海放送(日本テレビ系列・愛媛県)でアナウンサー職に従事し、テレビ・ラジオのニュースや情報番組に携わってきたフリーアナウンサー寺園春菜が、アナウンサーが持つ「インタビューして簡潔にまとめる力」「ナレーション」「動画映りを良くするテクニック」を活かした簡単ドウガ制作についてコラムを執筆します。
このページの先頭へ戻る