センタリング

2020年10月24日
どんなに気持ちを律していても心がブレてしまう時がある。
強い意志も時間と共に、元の自分に戻っていってしまう事に葛藤する。
そんな時は多分1人では無理なんだと思う。
学びの場でもいい
職場でもいい
仲間でもいい
家族でもいい
環境を活用してその場に身を置く。
それでも気持ちがブレてしまう事も実際にある。
そんな時は自己承認を取れず、自己否定をしてしまう。
これはとても苦しい。
よくやってしまってしまうのだが、これは頑張るエネルギーそのものを削られてしまう。
そんな時は〇〇しなければならないという気持ちを手放して、〇〇しようと言葉を書き換えてみる。
同じ行動をするのでも、〇〇しなければのエネルギーと〇〇しようのエネルギーでは大きな違いがある。
幼稚園に娘を送った帰り道。
ママチャリをドライブしながら、頑張る源泉を見つめ直す。
僕は人一倍葛藤する性格なのだが、ブレそうになった時にセンタリングをしてくれる環境がある。
中庸の精神で前に進む為には、ブレる事をまだ味わう必要があるのだろう。
明日があると甘える事なく今この瞬間に自分を置く。
一日一生の精神
明日があると思わず今日が、この瞬間が最後だとしたらと想い今に集中する。
出来ると自分に言葉を与えてチャリを漕ぐ。
通り雨に、降られてずぶ濡れになれてもブレずにw
修行の場がある事に感謝。
そんな想いをシェアさせていただきます。
愛してます
ドイデンキ株式会社 福地裕介先生のプロフィール写真
Facebook
この記事を書いたおせっかい先生
ドイデンキ株式会社 福地裕介
このページの先頭へ戻る