100名様限定宿命鑑定

2021年6月18日

陰陽五行論とは?

2500年前から伝わる東洋哲理体系の学問です。

陰陽五行論は2500年前の古代中国から今に伝わる学問です。古代より日本においても国の権力者やリーダーが学ぶ学問として用いられてきています。現代においては、日常生活や会社での様々な問題を解決する指針として活用されています。

 

 

自然界の法則をまとめた学問

私たちの祖先である古代東洋人は、自然のありのままの姿を観察し、自然界の法則を読み解くことができました。実際に目に見えない自然の中にも法則が働いていて、人間生活に大きな影響を与えていると考えたのです。

 

そんな古代東洋人が発見した自然界の法則を学問としてまとめたものが陰陽五行論です。政治や経済、日々の生活の中の人間関係に当てはめられ、様々な場面で使える実践的学問となっています。

帝王学・政治学として発展

陰陽五行論は帝王学・政治学としても発展していきます。古来中国においては国を治める帝王のための学問として使われており、日本にも513年に国家理論として導入されたと日本書紀に記述があります。

 

現代までその技術は脈々と受け継がれてきており、国政のみでなく、会社の経営、個人の人生の運気を改良するための技術として活用されております。

 

 

運命の良し悪しは、持って生まれた先天的な環境と自分の行為行動で変えられる後天的な環境の組み合わせで決まります。運命の公式を理解すれば、どう生きれば運命が上がるのかがわかります。

この学問の知見と帝王学を使って、『経営軍師』として活動をしております(2021年10月まで見習い中)

おせっかい先生からのご紹介の方限定で100名様まで、無料で宿命鑑定をさせて頂きます。

 

ご興味ある方はLINE公式アカウントからご連絡下さい。

 

 

ドイデンキ株式会社 福地裕介先生のプロフィール写真
Facebook
この記事を書いたおせっかい先生
ドイデンキ株式会社 福地裕介
このページの先頭へ戻る