愛別離苦

2020年11月16日

 

あと数年。

ペットを飼われている方は、こんな想いを感じられた事があるだろう。

犬の寿命は、人の寿命と比べたらはるかに短い。

うちのワンちゃん(クム8才♀)
もいい歳になってきた。

『愛別離苦』
愛する者との別れほど苦しいものはない。

ペットに限らず、出逢いがあれば必ず別れがある。

あと何年クムと一緒に過ごせるのか?
もっと言えばあと何年、妻とまいらと過ごせるのか?

そんな事を想うと、今この瞬間がなんと奇跡的な事で、有り難いのだろうと感じられる。

これは『一日一生』の想いと同じだ。

永遠はない。

残念ながら全てのことは変化が訪れる。

やはり過去も未来でもなく、今この瞬間こそが全て。

出し惜しみをしているうちに、いつのまにか自分の人生すら終わってしまう。

毎日が特別で素晴らしい日々と想える事は、自分のモノの見方次第。

切なさも感じるし、幸せも感じる。

何も感じない日々と比べたら、どんな気持ちでも感じる事が生きている証だな、、。

今日が当たり前ではない。

今日も魂を燃やして生きる🔥

有難う御座います🙏

そんな想いをシェアさせて頂きます。

愛してます❤️

良い1日を💐

ドイデンキ株式会社 福地裕介先生のプロフィール写真
Facebook
この記事を書いたおせっかい先生
ドイデンキ株式会社 福地裕介
このページの先頭へ戻る