情熱がものごとを動かす〜帝王学の教え11〜

2021年1月21日

この世に存在するありとあらゆる商品やサービスは、かつて誰かが「それが欲しい。」と夢を思い描
き、そこに情熱を持っていたからこそ生まれました。

例えば、ウォルト・ディズニーは、時代を超えて喜びを与えるようなテーマパークの建設を夢に思い描
きました。これはディズニーの最初のテーマパーク『ディズニーパーク』を開業したときの有名なやり
取りです。

ウォルト・ディズニーはディズニーパークができたときにはもう故人となっていました。ウ
ォルトの甥っ子であるロイ・ディズニーは、取材に来ていたレポーターからこんなことを言われたそう
です。「こんなに素晴らしいテーマパークの完成を見ずに、ウォルトが逝ったなんて、本当に残念です
ね。」ロイはそれに対して、すかさずこう切り返しました。

「いえ、いちばん最初に見ていたのはウォルトなんです。だからこそ、今あなたが実物を見ることができるのです。」そうです。

ウォルト・ディズニーが最初に夢を思い描いたからこそ、現実が動いたのです。

夢や想いが現実を動かしていきます。現実の世界を作っているのは、形ある現実ではなく、目に見えな
い心の世界、精神世界です。まず心で思い描くことが最初です。続いて現実で形になっていきます。心
が動くことなしに、ものごとが動くことはありえないのです。

だから、日々どんな想いを持って生きているかで、現実の体験が大きく変化していきます。無気力・無
感動といった心の動きが鈍い人は、想いが現実化するのも鈍くなります。どんなことにも関心を持ち、
気力を満たして感動する豊かな心を持っていると、現実がそれに呼応して大きく動いていきます。

大きな夢は人の力を借りなければ実現することはできません。『ディズニーパーク』もウォルトが一人
で思い描いていただけだったら、この世に誕生することはなかったでしょう。

何千人、何万人もの人が共感してくれた時に、一気に世界が変化していきます。

大きな夢を持ったら、その想いを分かち合い続ける努力をすることです。ただなんとなく伝えるだけで
はいけません。まずはっきりと言語化すること。

できるだけ具体的にイメージしやすいように、あたかもそれが現実に存在するかのように伝えるのです。

たくさんの人に何度も何度も分かち合い、よりその精度を高めていきます。

ポイントは自分の夢に自分自身が感動を持ち続けることです。あなたの感動が
人の共感を呼び起こしていくのです。

自分の心に情熱が灯り、想いを分かち合っていくと、自分を取り巻く「空気」が変化してきます。その
うちに人やモノやお金が勝手に集まるようになってきます。運勢の良い流れは、自分自身の心が作り出
しているのです。

どんなに才能がなくても、どんなに悪い環境に置かれたとしても、成果を出す人は出すし、出さない人
は出しません。「才能がなくて辞めた。」「あの人と合わないから無理。」「環境が整っていない。」
と言うのは、ただ単にやろうとする想いが足りないだけです。
情熱がものごとを動かしていきます。

先天的な才能・資質は関係ありません。

過去どうであったかも、今、どんな状況であるのかも関係ありません。

これからの人生を切り開いていくのは、今この瞬間の想いです。人生の成果結果というのは、
日々の心の在り方一つで全く違うものになります。大きな夢を持つこと。まずは心でその情熱を思い描
いてみることです

 

 

〜妻の癌が僕の人生を変えた〜

全てを失って手にした人生観と家族愛

本当に大切な事に気付ける

経営と人生のコンサルタント

『あなただけの人生を読み解くzoomセッション』

通常1時間10,000円

→限定10名様無料

massive_ysk@mac.com

 

ドイデンキ株式会社 福地裕介先生のプロフィール写真
Facebook
この記事を書いたおせっかい先生
ドイデンキ株式会社 福地裕介
このページの先頭へ戻る