お魚が苦手な子供も舌鼓!!魚を美味しく食べるコツとレシピ

2020年12月8日

こんにちは。さる美です。

今日はお魚が苦手なさる美から届ける、お子様でもぺろりと食べれるれるお魚?です。

お肉だけでなく、お魚も食べて欲しい…。多くのお母様の悩みだと思います。

お肉にはない栄養も入っているし、偏りすぎずいろいろなものを食べてもらいたい。(^◇^)
そう思うお母さんも多いかと思います。
今回は子どもの魚嫌いの理由と、美味しく食べる物をお伝えします。

嫌いなポイント1 「生臭い」
魚には独特のにおいがあります。
においを和らげるには、
・塩を振って少し時間をおき水分が出てきたら軽くキッチンペーパーで押さえながら拭き取る
・酒に漬ける
・香辛料や香味野菜を上手に使う
・食べる時にお酢やレモンをかけるレシピにする
などの方法が色々あります。

嫌いなポイント2 「骨がある」
骨を取るのが面倒、
または、のどに刺さってしまったという経験をもっている子どもたちも多いかと思います。
私もあります^^;
痛かった、大変な思いをした、という記憶があったりすると、
食べるのを嫌がってしまう傾向があります。

圧力鍋で調理する、骨ごと食べられる缶詰を利用するなども手かと思います。

嫌いなポイント3 「見た目が悪い」
どうも見た目が茶色くて苦手と言う人も多いようです。
サラダにしたり、フライにした後甘酢にあえたり、シチューに入れると食べやすくなります。

そして、魚嫌い私からお勧め3品です。

先ずはこれ・・・
黄金燻製 いわしオイル漬け

これは、骨まで食べれ、我が家ではおやつ代わりに食べてます。

後は、ルコラと食べたりカイワレ大根と食べたりです。

油はもったいないので、アヒージョに使います。

オリーブオイルとニンニクで食材を煮込む料理です。
そのままイワシも入れて調理でも良いですが
私はこんな感じです。

<アヒージョ>
材料(3人分)
イワシのオイル
ジャガイモ2個
人参1本
ウインナー3本

<作り方>
・ジャガイモ、人参は電子レンジで火を通し一口大にカットします。(皮はお好みで剥いてください)
・ウインナーもカットします。
・フライパンにイワシのオイルを入れ野菜とウインナーも入れて軽く炒めたら出来上がりです。

因みに、私が使っているのはこれです。
https://www.shopch.jp/pc/product/proddetail?reqprno=676911

<「思わす舌提み」のふりかけ>
これは、絶品。
<作り方>
ご飯にかけるだけ・・・(笑)
高級なご飯と言う感じになります^^
 
でも、私はこれは高いと感じました。
皆様ご感想お待ちしています。

https://shitazutsumi.com/wp/products/%e3%81%b5%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%91-%e9%ab%98%e7%b4%9a%e3%81%b5%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%91.html

<今が旬美味し過ぎて止まらない ぶりのマヨネーズ焼き>
材料(3人分)
ブリ・・3切れ
片栗粉・・大さじ2
※オイスターソース、マヨネーズ・・各大さじ2(ドボドボぐらい^^初めは少な目でやってみてください)
※みりん、酒・・各大さじ1(なければまぁ入れなくても大丈夫^^)
※すりおろしにんにく・・小さじ1杯(チューブに場合は一押し二押し)
サラダ油・・大さじ1(くるっと一回しぐらい)
※オイスターソースって何に使っても美味しくなります^^マヨネーズもサラダにはあまり使いませんが、焼き料理には良い調味料になります。


<作り方>
1、ブリはキッチンペーパーで水気をふき取る。
→これで臭みバイバイです。
2.一口サイズに切る。ブリに片栗粉をまんべんなくまぶす。
3、フライパンにサラダ油を熱し、ブリを両面焼く。ジュージュー♪
4.合わせておいた※を加えて手早く絡めて完成!!

◎焼きすぎないのがふっくら仕上げるポイントです。

良かったらお家でも作ってみてくださいね。

そして、お魚も情報も同じ、先ずは食べてみる^^
食べてみて初めて広がる世界があると思います。

 

~ご案内~


12月17日18日に「超簡単!動画作成セミナー(iPad、iPhone編)」の
無料セミナーを行います。
また、セキュリティーのコンテンツを販売も企画しています。
よろしければ面白い内容です。良かったら見てみてくださいね。^^

 

ソフトバンク株式会社先生のプロフィール写真
この記事を書いたおせっかい先生
ソフトバンク株式会社
はじめまして、こちらのページの編集長のさる美です。 私たちは、野生の機動力とまっすぐな気持ちで取り組み このマルシェを通じて、多くの皆様に情報をお届けしたいと思います。
このページの先頭へ戻る